2012年02月01日

七転八倒の巻 5


DSCF0074.JPGDSCF00811.JPG  画像をクリックで拡大!

そして新しいパッキン、フランジを取り付けして完了です!!
(配管は配管業者さんにお任せしました)

内容的にお風呂の修理を外れてしまいましたが貯水槽修理も当社の仕事です、
今後も不定期にですが貯水槽修理について公開いたします。

今回ご紹介させて頂いたのは公共工事なんですが貯水槽関連は沢山の実績・資料があります。。。。
天板作成したり・外部の破損を補修したり・漏水を止めたりだとかetc......
(またの機会にご紹介させて頂きます)

今回の作業も16t以上の水圧を考慮し、強度確保の為に頭を悩ませました。
命に関わる 水 を貯める為の物ですから、当然、災害時には唯一の水源となりますね。

作業に取り掛かる前には土建屋さんが責任を感じ「実費で交換します」とおっしゃったそうです。
いくら16t程度の貯水槽といえど 解体→設置→配管新設→廃棄処分費
上記の費用を計算したら数百万円では収まりません。。。。。。。(怖〜)

私達が修理したら10分の1以下の金額で収まる事がほとんどです。

現在はステンレス製の貯水槽・高置水槽に交換している場合が多いですが
立地条件、予算との兼ね合いからFRP槽を大切に使用していただいている建物も沢山ございます。
(今回の製品も昭和54年製でした)

特に公共施設等が多い市になると交換ばかりでは予算が追いつかず既存の貯水槽の傷みの進行と
交換出来る貯水槽の数のバランスが取れていないのが現状です。

国、市町村にとって大切な予算、修理を取り入れて貯水槽、高置水槽の延命をしながら使用するのもEcoなんでしょうね。

最近オールウェイズ3丁目の夕日をテレビ放送で見ました、私の少年時代はあんな感じだったな、、、
と思い出しすごく懐かしい気持ちになりました。貧しかったけど心は満たされていたかなと。。。

贅沢になりすぎた国・人々。最近実感してしまいますね。。。。。。
(このままでいいのかよ〜、、、)

FRP製貯水槽以外にもコンクリート貯水槽の防食ライニング・鉄製貯水槽の修理も行っております。

貯水槽修理はマルハコーポレーションにご相談下さい。


posted by maruha at 17:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。